歯のホワイトニングは歯磨き粉で十分?

歯は、第一印象の一つでもあるという位、他人の歯を見てしまいます。その分、自分の歯も真っ白になりたいという思いがありますが、なかなか思うようにいきません。
毎日の生活で、コーヒーやアルコールを摂取する機会が多いため、歯に沈着してしまうのかもしれません。
歯磨きを1日になんどもしていますが、歯は白くなっていません。
今は、自宅で出来ることとして、ホワイトニング用の歯磨き粉を使用して歯磨きをしています。
しかし、なかなか効果が目に見えるほどではありませんし、ホワイトニング用の歯磨き粉は、どれがいいのか正直分からないところもありまして、なかなか購入の長続きがしていない状況です。
そこで、今後、歯科医院でのホワイトニングを検討しています。
しかしこれも、どこの歯科医院がいいのか悩んでいるところもありますし、歯科医院でのホワイトニングにも種類があるようで、どれがいいのか分からない状態です。
できるだけ早めに、歯を白くしたいので、自分で情報をたくさん集めて、今年のうちにはホワイトニングを始められたらいいなと思っています。

紅茶やコーヒーのステインをクリアしたい

まず歯のホワイトニングと聞いて真っ先に思いつくのは歯磨きだと思います。
そしてもっとも手軽な方法のひとつでもあります。
歯は摂取した食品の影響により経年とともにやや黄ばんだ色になってきます。
その変色の原因として代表的な食品は紅茶やコーヒーです。
まず紅茶やコーヒーに含まれる「カフェイン」や「タンニン」、「ポリフェノール」を摂取することで唾液中の成分と結合します。そしてそれらが歯の表面に付着することで黄ばみの原因になります。
紅茶やコーヒーの摂取量が多い人ほど歯の黄ばみも強くなっていきます。
対策としては着色成分入りの食品を摂取したら歯磨きをするということです。
ただし食後すぐの歯磨きは歯の表面を痛めるリスクが高くなりますので、食後20~30分程してから磨くことをおすすめします。
歯磨き粉はホワイトニング効果のあるものを使用し1本ずつ丁寧に磨くことを心がけるようにします。
また食品ではありませんがタバコはNGです。
タバコに含まれる「ヤニ」が歯の表面に付いてしまうと、歯磨きでは落とせなくなります。
ホワイトニングしたい人でタバコを吸う習慣のある方はすぐに禁煙することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です