紫外線対策をしてシミを予防する

シミが出来るメカニズムは紫外線が肌に当たることで、防衛としてメラニンが作られます。
そのメラニンがシミとなります。
シミが出来るのは表皮とよばれるところです。
紫外線が表皮にあたるとメラノサイトに信号が送られ、メラニンを作ります。
メラニンは紫外線から細胞を守る働きをしますが、長時間紫外線を浴びたり、強い紫外線を浴びるとメラノサイトの数が増えて、メラニンの生成が活発になります。
メラニンの生成が過剰になると肌のターンオーバーのサイクルが乱れて、代謝が鈍くなり、メラニンが滞留します。
メラニンが異常に作られてしまうと、ターンオーバーが上手く行われなくなるので、メラニンがなかなか消えなく、色素沈着が進み「シミ」となって現れます。
よって、メラニンが作られすぎることで肌のターンオーバーが追いつかなくなると、メラニンが溜まりシミとなることが分ります。

シミの改善方法について

シミを改善するには毎日のケアに「美白化粧品」を取り入れることです。
美白化粧品にはメラニンの生成を抑えて、シミを防ぐ成分が入っているので、シミ対策にもなります。
シミ改善に有効な成分として、メラニンを生成してメラニンを薄くする効果があるビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチンが挙げられます。
そして、メラニン色素を作る酵素であるチロシナーゼの生成や働きを抑制してくれるプラセンタエキス、コウジ酸、ルシノール、エラグ酸もシミ改善に効果が期待できる成分です。
シミの改善にはメラニンの生成を抑制し、メラニン色素を作ってしまう働きを抑制する成分が入っている化粧品で毎日のケアを行うことで改善と予防効果につなげてくれます。

シミ対策の方法

シミ対策に大切なのは「紫外線対策」です。
シミは紫外線が原因となり出来ることが多いので、紫外線対策をすることがシミ対策に有効なのです。
紫外線対策の基本は、日焼け止めを塗ることです。
外に出かけるときはもちろんですが、家にいる時も窓から紫外線が入ってくるので家で過ごすときも日焼け止めを塗りましょう。
また、紫外線は夏に多いイメージがあり、夏は日焼け止めを塗るけど、冬は全く塗らない方もいます。
実は冬でも紫外線はふりそそいでいるので、季節問わず紫外線を塗ることは必要と言えます。
それから、紫外線を防止する方法として、日傘、アームカバーといった日焼けグッツを活用することも有効な対策方法です。
肌をむき出しにしないことで紫外線を浴びる量を減らすことができます。

クリスタルティアーズの口コミはこちら>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です